ロゴ
HOME>オススメ情報>綺麗な家を維持するために防水工事を検討しよう

綺麗な家を維持するために防水工事を検討しよう

家の模型

家が劣化していく原因とは

家には必ず防水工事が施されています。ただ、その防水機能も経年劣化によって失われてしまうことは避けられません。目に見えるものではないのでなかなか気づきにくいですが、防水機能の低下が家全体の劣化につながることは間違いのない事実です。劣化の原因のほとんどは紫外線や風雨などの自然現象で、屋根や外壁は常にダメージに晒され続けるため特に劣化が進みやすい部位になります。また、屋根の防水で欠かせないのは雨水を集水して流すドレンや雨どいなどの設備ですが、これらも同じく劣化が激しい部分です。建物や屋根の形状によって細かい防水工事の手法は異なりますが、すべてにおいて言えることは経年劣化は避けられないという事です。いずれにしても定期的な点検は必要ですし、家全体の劣化を早めてしまわないためには修繕が必須です。

雨漏り

防水工事をするとで住宅に良いこと

防水工事は、建物の寿命を左右するとても大切な工事です。一般住宅でも高層ビルでもその重要性は変わらず、例え鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造の頑丈な建物であっても、漏水があれば寿命が極端に短くなってしまう場合もあります。建築時にしっかりとした工事を行うことはもちろん重要ですが、経年劣化は避けられませんので、定期的に診断し改修防水工事を行うことが重要です。一般住宅なら屋根はもちろん、外壁、バルコニーやテラスなど、随所に防水工事は施されていますので、そのすべてを最善の状態に保つことが家の寿命を延ばすことになります。雨漏りは、天井から水が落ちて来るような現象ばかりとは限りません。部屋の壁にシミが出来たり、カビが生えたりするようなら、早めに点検して適切に対処しましょう。